メリット・デメリットを知って英語を使うバイトをしよう

管理人yukimaoです。

効率的に英語力を身に付け、人生を変えましょう。

 

英語を使うバイトのメリットについては、
以下の2つの記事をごらんください。

404 NOT FOUND | エイゴノオト
オンライン英会話レッスンを中心に、大人・社会人の英語学習に役立つ優良情報を紹介します
仕事なら英語を無料で教えてもらえる
外国人観光客が訪れる職場で働くメリットは、英語を話さざるえない状況に追い込まれる効果があり、それゆえ英語力が上がる、とお伝えしました。同時に、そうした職場では、英語での応対のできるスタッフが1人でも多い方が助かるわけですし、多少のことはこな

今回は特に、英語を使うアルバイトのデメリットについて書いてみます。

スポンサーリンク

化石化(かせきか)

「化石化」という言葉をきいたことがありますか?

なんとなく、イメージできますね。

古く、今となっては通用しないものがそのままのかたちで残るイメージ

言語習得の科学である『第二言語習得研究』で用いられる用語です。

言語習得において、正しい知識がないまま、英会話を続け、かつ適切なフィードバックを得られないと、この「化石化」という現象が起こると言われています。

誤った言語知識が定着し、それを修正するのが難しくなってしまう現象です。

我流のまちがった発音・正しくない使い方を繰り返し、くせになってしまっていても、誰もそれを指摘しない場合、英語運用力における「化石化」が起こります。

スポンサーリンク

「通じればいい」になりがち

接客業の場合、目の前にいるお客さまに対応しなければならず、相手のお客様も英語が堪能とは限りません。

勢い、お互いに、最低限の意思疎通ができるかが最重要になってきます。

文法的には間違った言い方であっても、業務を遂行するにあたって問題にならず、お互いに分かり合うのであれば、それで「通じるもの」として使い続けることになります。

学校とは違いますし、同僚もそこまでおせっかいに、仲間の英語の間違いや不自然さを指摘したりはしません。

英語を使うアルバイトは、外国人に対する心理的な抵抗感はなくなり、ともかく話そうする姿勢をもつのに役立ちます。

しかし、一方で、ちゃんと自分の英語を訂正してもらえる環境を持たなければ、この「化石化」が進行します。

これは、留学の場合などもそうですよね。

生活できる英語力はつくかもしれませんが、意識的に勉強したり、指導を受けなければ、ある種の化石化から抜け出せなくなります。

日本国内であれば、なおさらです。

もちろん、独学的できる人もいますが、そこまでのレベルに達していなければ、客観的にまちがいを訂正してもらえる環境が必要です。

指導・修正を受ける機会をもつことを意識しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました